Home

家庭用脱毛器で全身脱毛は出来る?

エタラビやキレイモといった脱毛サロンで全身脱毛できるのは知っているけど、家電量販店や通販で売っている家庭用脱毛器では同じように全身脱毛をすることはできないの?

忙しくて脱毛サロンにしょっちゅうは通いにくいし、お金の面でも自分で家庭用脱毛器を買ったほうが安いかも?

なんて、家庭用脱毛器の紹介記事などを見て思った人も多いと思います。

脱毛サロンではどうやって脱毛するの?

まずは脱毛サロンではどういう脱毛方法を行っているかというと、強い光をあてて毛根にダメージを与えて脱毛する「光脱毛」と、電気針で毛根にダメージを与えて脱毛する「ニードル脱毛」の2種類が今の主流です。

クリニックで行う「レーザー脱毛」はこの光脱毛と同じ原理で脱毛しますが、レーザー脱毛は医師だけができる医療行為。サロンで言われている光脱毛は、医療機関のレーザー脱毛の出力を弱くした「フラッシュ脱毛」という方法です。

ニードル脱毛はサロンやクリニックでしかできない特別な技術が必要な脱毛方法なので、家庭用でニードル脱毛器はありません。

ニードル脱毛は毛根に直接電気を流すため、一度脱毛すると生えてこないという大きなメリットがありますが、脱毛するときの痛みが強いのがデメリットという脱毛方法です。ニードル脱毛を希望する人は、脱毛サロンを利用しましょう。

家庭用脱毛器はどうやって脱毛するの?

脱毛器と言ってもいろんな種類があり、脱毛サロンと同じ原理のものとそうでないものがあります。そして家庭用脱毛器を選ぶときに迷ってしまうのが脱毛器と除毛器の違い。

毛を無くすんだったら同じじゃないの?と思われるかもしれませんが、脱毛器は毛根にダメージを与えて最終的に毛自体を少なく、無くすことを目的にしたものです。

対して除毛器は剃ったり抜いたり表面の毛を取り除くことを目的としたもの。価格は安いですが、皮膚への負担も大きいので選ぶときは注意しましょう。

ここでは家庭用「脱毛器」について触れていきたいと思います。

脱毛器の種類

レーザー脱毛式

医療機関のレーザー脱毛を家庭でもできるように出力を弱めた家庭用脱毛器です。

レーザーを当てられる範囲が狭く脱毛に時間がかかる事と、痛みがあることなど注意点があります。

フラッシュ脱毛式

サロンと同じ脱毛方法です。痛みが少なく、足や腕など広い面積に光を当てることができるので使いやすいタイプです。

業務用よりも出力が弱いため、選ぶなら家庭用の中でも出力が高いものを選ばないと、脱毛効果がなかなか実感できないこともあります。

サーミコン(熱線)式

熱線に触れた毛を焼き切る脱毛方式です。

熱線の熱が毛根に伝わりダメージを与え、毛が生え変わる周期を遅くする効果があると言われていますが、どちらかといえば除毛器に近い方式です。

家庭用脱毛器VSサロン脱毛

脱毛サロンと家庭用脱毛器はどんなものか触れましたが、全身脱毛をするとき結局どう違うのでしょう?

家庭用脱毛器を使うメリット

  • 自分の好きな時間に脱毛できる
  • サロンに通うより金額がお得な場合も
  • サロンのような回数制限がないので何度でも脱毛できる

家庭用脱毛器を使うデメリット

  • 自分で手の届かない背中やデリケートゾーンなどの場所が処理しにくい
  • サロンの脱毛器ほどの性能は無いので効果が出るまで時間と回数が必要
  • 脱毛にムラが出る場合も
  • 肌トラブルがあった場合は自分で対応しなくてはいけない

自分で脱毛する場合ワキやヒザなど手が届く範囲は大丈夫ですが、背中やデリケートゾーンなどに手が届きにくい場所は難しいのが現実です。誰かに手伝ってもらいたいですが、部位によってはちょっと恥ずかしいかもしれません。

プロのエステシャンだと全身くまなく脱毛してくれます。また、金額的にお得かどうかは機種にもよります。カートリッジなど消耗品の価格や交換の頻度などが違うので、注意したほうがいいでしょう。

脱毛サロンで施術するメリット

  • 脱毛後のスキンケアが充実していて肌がきれいになる
  • 脱毛器の出力が大きく、家庭用より効果を実感しやすい
  • 家庭用より肌へのダメージが少ない
  • プロが行うので処理残しやムラがなく、全身仕上がりがきれい

脱毛サロンで施術するデメリット

  • お金がかかる
  • 予約がとりにくい・変更が大変
  • 予定に縛られてしまう

お金と時間の問題がサロンのデメリット。しかし、仕上がりは家庭用脱毛器よりもサロンが圧勝ですね。

家庭用脱毛器で全身脱毛は出来る?

結論から言うと手が届か無い場所もあり、仕上がりもムラができる場合もあるので「サロンのような全身脱毛は難しい」と考えましょう。

プロが業務用の機材で脱毛してくれて、美容にも配慮してくれるサロンは仕上がりが違います。ただ、予定が縛られず回数制限が無いなど家庭用脱毛器にもメリットがあるのも本当。

完璧な全身脱毛を目指すかどうか、目標によって自分に合った方法を選びたいですね。

In

Author:wpmaster