肌が弱いひとでも脱毛サロンに通って大丈夫?

脱毛サロンに通ってツルツルの肌を手に入れたいけど、化粧品やちょっとした変化ですぐボロボロになってしまう敏感肌なので無理なのかな?と悩んでるひと、いるんじゃないでしょうか?

たしかに荒れてしまったり傷ついている肌だとサロンでも脱毛できないこともあります。

でも、皮膚科のお医者さんやサロンでのカウンセリングでしっかり対策してから脱毛すれば、肌トラブルの改善にもつながるって知ってましたか?

まずはお医者さんに相談

敏感肌・アトピー・他の原因の肌荒れ、肌が弱いと言ってもいろんな原因があります。皮膚科のお医者さんにまず「脱毛したいんですけど大丈夫ですか?」と相談してみましょう。

アトピーなどで通院しているひとは脱毛ができるかお医者さんの診断書や同意書が必要なサロンもあるので、カウンセリング前に相談しておくのが望ましいです。

肌が荒れる原因や肌の状態を確認してからでないと安全に脱毛できるかサロンもわからないので、最初の大事なステップです。

脱毛ができない状態ってどんな肌?



サロンで一般的に行われているフラッシュ脱毛は毛根にあるメラニン色素に反応する波長の光を当て、毛根にダメージを与えて脱毛します。

じつは荒れたりニキビになった跡が茶色くシミになっている部分、これも同じメラニン色素の色なんです。

メラニン色素に光が反応してしまい火傷になってしまう可能性があるので、サロンでのカウンセリングの時よく相談してみましょう。

あと、傷や出血や炎症がある場合は治るまで脱毛はできません。まず予約の日までに、怪我や炎症にならないよう注意したいですね。

ステロイド剤に注意

アトピーなどでステロイド剤の塗り薬や飲み薬を処方されているひとはちょっと注意。

ステロイド剤には肌が光を吸収しやすくなる性質があり、フラッシュ脱毛をするとダメージを受けてしまう可能性があります。

ステロイド剤を使っている間は脱毛できないサロンもあるので、カウンセリングでは必ず相談してください。脱毛をするなら薬の使用を一旦止めて時間を置くなどしなくてはならない場合もあります。

しかし、まずは治療第一。必要なものを自己判断で止めて悪化してしまっては大変なので、必ず最初にお医者さんに相談しましょう。

中にはステロイド剤を使っていても脱毛ができる技術があるサロンも出てきていたりします。

光アレルギーのひとは要注意

紫外線を浴びると肌がかゆくなったり、湿疹が出たりする「光アレルギー」という症状があります。

皮膚科で光アレルギーと診断された場合はフラッシュ脱毛に注意が必要だったり、できない場合があります。

診断されているひとは皮膚科のお医者さんとよく相談しましょう。

サロンとよく相談しよう

カウンセリングの内容次第で、脱毛後のケアを敏感肌用に変えたり、テスト照射をしてくれたり、何かあったら医療機関と連携しているなんてサロンもあります。

特にテスト照射はためしに目立たない場所に光を照射してみることで、本当に脱毛して大丈夫か実験してくれます。光アレルギーのあるひとはもちろん、かゆくなったり赤くなったり、湿疹がでたり反応する場合があるからです。

反応がすぐ出ないこともあるので、テスト照射だけして様子を見て、大丈夫だったら後日脱毛に入るサロンもあるくらいです。敏感肌で心配なひとは丁寧にテストしてくれるサロンを選ぶと安心ですね。

「こんな肌の状態じゃ断られるかな?」と思っても、カウンセリングをしっかり受けてみると、大丈夫な方法を選んでくれる場合もあります。

エステシャンは肌のプロフェッショナル。お医者さんの意見と合わせて方針を決めると安心ですね。

脱毛で肌トラブル解決?

脱毛でムダ毛が無くなると、肌にメリットがたくさんあるんです。

  • 毛穴の汚れが落ちやすくなり、ニキビや毛穴の黒ずみ解消
  • ニキビの原因の汗や汚れが肌にとどまらない

脱毛するとムダ毛が毛穴から無くなる事で、汚れや汗や皮脂が落ちやすく溜まりにくくなり、雑菌の繁殖が抑えられニキビや肌荒れなどの肌トラブルが改善されることがあります。

オイリー肌でブツブツニキビや毛穴に悩んでいたひとは、脱毛することで肌の悩みから解放されるかもしれませんよ。

また、毛が無くなるとファンデーションが顔にしっかり密着して化粧ノリやもちがよくなるので、メイクで肌トラブルの跡をカバーしているひとにもうれしいメリットですね。

肌が弱いひとでも皮膚科のお医者さんとサロンでのカウンセリングをしっかりすれば、安全に脱毛できる可能性は高いんですね。

ツルツルになる最初のステップとして、まずは皮膚科の先生に相談に行ってみましょう!

脱毛サロンの仕上がりに個人差はある?

これから脱毛サロンで脱毛したい、だけどみんな同じ回数でツルツルになれるの?そもそも何回通えばいいの?サイトやパンフレットに書いてある回数でツルツルになれるの?一歩踏み出すまえにいろいろ考えちゃいますよね。

不安を解消して、さらにどんなサロンやプランを選んだらいいか、脱毛の仕組みと一緒に見てみましょう。

個人差はある

結論から言ってしまいましょう。毛深さには個人差があり、サロンの仕上がりもやはり個人差が出てしまいます。

毛が太くて分量が多い「剛毛女子」は毛が細くて少ないひとに比べると通う回数がどうしても増えてしまうんです。

サロンでする脱毛は、強い光をあてて毛根にダメージを与えて脱毛する光脱毛と、電気針で毛根を刺して毛根にダメージを与えるニードル脱毛の大きく分けて二種類があります。

光脱毛の場合、毛が太い場合は毛根全体に十分ダメージを与えられず、1回脱毛してもまた同じ毛穴から細い毛が生えてきてしまうことがあるんです。

体毛はそれぞれ活動している時期と休む時期、毛が抜ける時期を繰り返しています。これを毛周期といいます。

光脱毛が効くのは活動している毛だけ。光を当てた時、すでに抜けていたり休んでいた毛根の毛には効果がありません。活動期になってきた頃にまた光をあてて脱毛を繰り返すんですね。

特に脱毛してもまた生えてきてしまう剛毛女子の毛根は、さらに数サイクル分サロンに通わないといけないのです。

ニードル脱毛の場合でも、剛毛女子は毛根も多いので処理に時間がかかります。痛みも伴う脱毛方法なので、剛毛女子にはちょっとつらいかもしれませんね。

わたしって剛毛女子?

  • ムダ毛処理の後、黒い点が残ってしまう
  • 背中にも毛が生えている
  • 眉毛がつながりがち
  • 油断するとヒゲが生えてる
  • 下着からのはみ出しが気になる

こんな体質のひとは剛毛女子の可能性ありです。

毛深くて水着やノースリーブなんてもってのほか、おしゃれもなかなか楽しめなかった経験ありませんか?

でも、今までつらい気持ちで過ごしたからこそ、サロンで脱毛して思い切りおしゃれできたらうれしいですね。

ひとより時間はかかるかもしれませんが、回数を重ねればツルツルになることもできるんです。

何回通えばいいの?

普通の毛の量のひとでも効果が実感できるまでに8〜10回、剃ったりなど自己処理の必要のないツルツル状態になるには10〜18回くらい通う必要があります。

また、サロンによっては全身脱毛を部位ごとに回数を分けて行うところもあるので、例えば1度に体の4分の1脱毛するタイプのサロンだと完了までに最低でも40回以上通うことになります。1度でどの範囲を脱毛するのか確認しておくといいですね。

前に触れた毛周期を考えると、サロンにもよりますが早くても月1回くらいのペースで脱毛するのが効果的と言われているので、1度に全身を脱毛するとしてもツルツル状態になるまでは1〜2年の年月が必要になると考えましょう。

特にチェックの結果が剛毛女子だったひとは、もっとかかると思っておきたいですね。

思いのほか回数が必要でがっかりしてしまうかもしれませんが、ツルツルになるという目標のため諦めないことが大切です( ̄^ ̄)ゞ

自分に合ったサロン選び

チェックの結果剛毛女子だったひと、当てはまらないムダ毛が普通・薄めのひと、それぞれサロンに行く回数が違うので料金にも関係してきます。

月額決まった回数分の料金を支払うプランが多いですが、サロンによっては定額で自己処理がいらなくなるまで何回でも脱毛し放題というプランがあります。

ムダ毛が薄めのひとは決まった回数分を支払ったほうがお得ですが、剛毛女子は無期限脱毛し放題プランで脱毛したほうが結果的にお得なことが多いんです。

無期限脱毛し放題プランのお値段はたしかに勇気のいる金額になりますが、何度でもトライできる安心感には代えられないかも知れませんね。

ただ、本当に無期限脱毛し放題のサロンと、月の回数制限を設けない月額脱毛し放題プランなど、サロンによって似た名前でも内容が違いますので、よくよくプラン内容を読んだ上で剛毛女子は無期限のものを選ぶと安心でしょう。

毛深さによって仕上がりに差があるからこそ、自分に合った脱毛サロンや料金プランを選ぶことがとても大切なんですね(●゚∀゚)ノ